ISO22000を取得して世間の信頼を勝ち取る

環境問題に取り組む企業

PCを操作する女性

Isoは、現在、世界中の生活やビジネスが円滑に行われるように、さまざまな標準化に取り組んでいます。それぞれの国で異なる規格を一つに標準化することで、その製品が自国で使えるのかどうかということを確認する手間が省けるので、より活発な取引環境が整うことが期待できます。より活発な取引環境が整うと、その取引で恩恵を受ける人がたくさんでてきます。そうなると、さらに経済が成長して多くの人が豊かな暮らしをすることができるようになります。Isoは、このような役割をこれまでに60年以上にわたって行なってきています。近年、世界規模で環境問題に対する注目が集まっていますが、その環境に関するIsoの規格も存在することをご存知でしょうか。環境問題を、体系的に継続して取り組むことにより、永続的な改善や汚染の予防をすすめることを目的としたISO14001というものがあるのです。これから継続して環境問題に対応するためのマネジメントシステムとして標準規格化されています。環境問題への関心が昔から高かったヨーロッパ各地の企業は、このISO14001の取得が取引の条件とされていました。そのため、ヨーロッパと取引を行ないたい日本の輸出産業である電機、機械業界などでこのISO14001の取得が進んできた背景があります。その後は、商社、建設、流通といった各分野へとISO14001取得の輪が広がってきています。今や経済活動は国内だけで行なうものではなくなってきています。国際的な視点で企業戦略を考えなければ、競争の激しい現在の経済環境を生き抜いていくことができません。ISO14001について関心を持つことは、経営者にとって必要不可欠であると考えることができるでしょう。